<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そろそろ

木曜の38wの検診で、子宮口は2.5cm、赤ちゃん推定3000gと言われました。

パパはUS法人設立やらで忙しいらしく、でも陣痛が来た時に側にいたいと。
毎日毎日、兆候はまだか?いつ産まれる?と聞いてきます。

そんなこと言われても、こればかりはいくら経産婦とはいえわかりかねます。

3人目だし、出てからゆっくり来れる時に会いにくれば?
と言うと

3人目だから出てくる時にその場にいたいんだよ。(ちなみに立ち会いはできません)
1人目は一大イベント(立ち会ったし)だったけど、段々慣れて薄れてくるからさ。3人目なんて尚更その場にいないと、実感も何もなくなるよ。苦笑


そういうものなのか。笑


傷みを苦しみを感じない男性にとっては、その場の臨場感を味わわないと父性が芽生えないそうです。


だから先生に聞きました、まだまだ産まれそうにないですか?と。


早く産みたいの??と内診グリグリし始める先生。(ちょっと痛い。汗)


陣痛がつけば進みは確実に早いのは間違いないんだけど、陣痛がくるかどうかは僕らにもわからないなぁ。


そりゃそうですよね〜


お産なんて十人十色。


まだまだ、と言われたその晩に破水したり

そろそろかもね〜、と言われた2週間後だったり

陣痛きても赤ちゃんが下がってこなくて丸3日かかったり…


結局まだわからないので、来週7月2日辺りで来ようかな、ということになりました。

予定日は6日、そして4日は幼稚園のプール大会があるので子供達は大喜び。
私もお産によっては見に行けないので、パパが来てくれるなら安心です。



昨日はジンクスのオロナミンを飲み、毎日の腹筋に加えスクワットを100回、三陰交のツボ刺激をして寝ました。


今朝、妹から
『昨日よりお腹下がってない??服のせい??』
と言われました。

その時は自覚なく、服のせいじゃない??と流したけれど車に乗って気づいたのです。

相当下がってる!!

直角に座ると胸辺りでお腹がつかえて苦しく(ボールを持っているかのように前にしか飛び出ていないお腹)、リクライニングを少し倒さないと座れませんでした。

それが苦もなく直角に座れるではありませんか!!

そして朝から軟便。
お産が近いと下痢になる、とはよく聞きます。

心なしか胎動が減った、というより動きが小さくなった気も。


とはいえ、おしるしはないし張りもいつもと変わらず。

赤ちゃんが骨盤内におさまった感だけ。


下がってからどのくらいで陣痛がくるのだろう…


検索しても、やはりこればかりは人それぞれ。


気長に待つしかないのかなー。


30日が大潮なので、そこで産まれるのではないかと我が家の人たちは予想しています。


おーい、そろそろ出てきてもいいんだよー
(あ、パパ的にはダメか。笑)


出てくるならいきなりやってこないで、事前にお知らせしてくれるとママもパパも大変助かりまーす!






Coの七夕お制作
c0269855_22533819.jpg


ぱんやさんになりたい、かせきをはっくつしたい
c0269855_22533846.jpg




イヤイヤ期に突入した甥っ子、少し赤ちゃん返りが落ち着いたSage、毎日のようにバトルしています。

一人っ子なので物をシェアすることを知らずに育っている甥っ子、そしてただただ自由なSage。
最近はお兄さん意識も芽生えはじめているのか、やってあげたい感を出すと顕著に拒否され威嚇されます。苦笑

甥っ子のイヤイヤ期突入に妹もイライラしている様子で、Sageへの当たりが強いことが多々あり(注意の仕方等)見ているこっちもイラっとしたりSageが不憫になったり。

それを受けて1人目育児をふと思い出しました。

我が子に集中するあまり、我が子の年代より上の子が可愛く見えない時期。

児童館などで寄ってくる少し上の子を煩わしく思うこと、ありました。

世話してくれる、遊んでくれるならいいお兄ちゃんお姉ちゃんだなぁと思ったけれど、
我が子より上なのにオモチャの取り合いになる子が面倒で。

1人目育児は視野が狭かったなぁ、と思います。
色んな人の中で揉まれて適応能力を身につける時期、いい思いも悪い思いも経験すべきなのに…と今更ながら。


一人っ子の甥っ子にとっても、下がいなかったSageにとっても、今まさに同じ屋根の下で暮らすことで多くのことを吸収していることでしょう。



そんな甥っ子に伯母から甚平をプレゼント。
我が子には作夏に縫ったので、今年は甥っ子に。出産までに、と少々急いだので水通しせず着手、完成したこれから水通しします。汗

涼しく着られるようリップルにしたけれど、この生地アイロンがかけにくいので縫いにくいのなんの。

きっちり縫いたい人には難しい生地でした。

c0269855_22533960.jpg


次はこのミモザ生地で授乳ストールを作りたいと思います。





最近のCo、読書が大好きで東京にいる時に『かいけつゾロリ』にはまり、古本屋で見つけては購入して楽しんでいました。

c0269855_22533965.jpg


私も小学生の時に読んだゾロリ、我が子も読むようになるなんて。

それはもうハイペースで読むので、こちらの図書館のゾロリは全て借り終えてしまい、今は少し文字数アップした『ぞくぞく村シリーズ』を読んでいます。

このぞくぞく村も私が小学生の頃よく読んだもの。

1日に数冊ペースで読み終えてしまうので、かりてもかりてもキリがない状況です。

本を読むのはとてもいいこと、少しは兄に感化されないかしら…とSageの将来が不安な今日この頃です。






[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-26 21:38 | 育児

細巻き寿司弁当 & 父の日

c0269855_9195172.jpg



●細巻き寿司 たくあん、きゅうり、ツナ
●茗荷入り卵焼き
●海老マヨ
●ほうれん草としめじのソテー
●とうもろこし
●ミニトマト
●ゴールデンキウイ







東京の幼稚園と違い1時間早い登園ですが、朝食は母が作ってくれるので(片付けもw)楽なのです。


週末の父の日、こちらの幼稚園で作ったお制作を金曜日に持ち帰ってきたのでパパとFacetimeをして見せてあげました。


Co作
c0269855_920263.jpg



Sage作
c0269855_920508.jpg



さすが年長さん、紙粘土で作って絵の具で色をつけ仕上げにニスまで塗っています。

素晴らしい作品ではあるのだけれど、紙に描いた絵ではないので捨てにくいなーーーと何とも薄情な母心です。。。笑





私も父の日に真っ赤なナイキのdryfitのTシャツをプレゼントしました。

手術後、肺炎を患い未だ経管栄養すら入らず点滴のみの寝たきり生活、

お腹の傷の状態もよくなく腹圧をかけられないのでベッドのリクライニングを使用してしか起き上がることもできず。

まだ胃からの消化液管やストーマ、尿管などたくさんの管が体から出ている状態、やせ細って骨と皮しかありません。

58歳の父、60の還暦まで頑張れるのかなぁという思いがありパパと相談して真っ赤な洋服をプレゼントしたのでした。

着れるようになるといいんだけれど。






私のほうはというと38w3d、なんだか恥骨は痛いし下がった感はあるもののまだまだなのでしょうか。。。

毎日病院に通っているのでエレベーターを使わず病室までの階段をあがっていたのですが、どうやら階段をおりることのほうがいいそうな。

もちろん、臀部や大腿部の筋力アップという目的では階段を昇る運動はとてもいいのだけれど赤ちゃんを下げるという目的になると降りる運動のほうが効果があるそうです。

今ままでは昇りは階段、下りはエレベーターを使っていたけれど昨日から階段で降りることにしました。


するとうん、降りるほうがお腹が張ることを実感。


雨ばかりでまとまって歩く時間がなかなか設けられないので、スクワットの回数を増やしてお産につなげたいと思います。


スポーンと産みたいなーーー







先日作ったおやつのパンケーキ
c0269855_9211649.jpg



少し取り分けた生地をココアで色づけしてコルネに入れ、先にココア生地で顔を描き固まったらプレーン生地を流すスマイルパンケーキ。

目分量で作ったので生地が緩すぎて顔は描けないし(コルネもないのでビニール袋で代用w)、プレーン生地すら流れて綺麗な円にならないし。笑

散々なスマイルパンケーキとなったのでした。


それでも子ども達は喜んで食べてくれたのでヨシとします。笑




皆様の応援クリックがはげみになってます!
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村













[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-24 09:16 | お弁当

赤ちゃん返り再来

38wに突入です。

30wの時、東京の病院で
『薬を飲むほどではないけれど若干貧血気味である、サプリくらいは飲んだほうがいいけれど、サプリ買うよりも保険適用で安いしこれからドンドン大きくなる赤ちゃんに持ってかれるから鉄剤飲んどきな』
と鉄剤が処方されました。

lazyな私は飲んだり飲まなかったり…

里帰りしてからは飲むことを、鉄の存在自体をすっかり忘れていたのです。

すると先日、漫画のような立ちくらみ。
立っていることが辛く、少し動いただけで激しい息切れに見舞われ、母から顔に血の気がないと言われようやく貧血だと気付いたのでした。汗

妊婦の皆様、処方されたものは忘れず飲みましょうね!
私も気をつけなくては。。。



昨夜は2度目の前駆陣痛、前回体験しているので本陣痛?!と焦ることもなく冷静に対応できました。

痛みの波が来たら陣痛アプリ起動で時間を計測、前駆陣痛と判断すると後は耐えるのみ。
本陣痛の練習なんだ、赤ちゃんが出てくる準備をしてるんだ、と自分に言い聞かせながらゴロゴロ過ごしました。
おかげで今朝の目覚めは悪かったのですが、もう少しで会える赤ちゃんをノンビリ待つとします。




さて、我が家の甘えん坊次男坊Sage、今年2月にイヤイヤ期と赤ちゃん返りのダブルパンチでヒーヒー過ごした魔の5日間を終え、普段の彼に戻っていたのですが…
ここにきて赤ちゃん返りの再来です。

父の容態が悪く、急遽私の妹が甥っ子を連れて京都から帰省したことが起因となっていると推測します。


1歳10カ月の甥っ子が怒った際によく奇声をあげるのを真似て奇声をあげるようになったり、

甥っ子が怒る(やく)のを理解していてわざと妹に甘えたり、

オモチャを奪ったり、

兎にも角にもよく泣くようになりました。

そして一度泣くとそれが長い。


第三者からしてみれば、なんとも我儘っ子で癇癪持ちな厄介な子でしょう。


その証拠に、母にも妹にもやれ我儘だ、意地悪だ、よく泣くだと否定的な言葉を言われています。


親としてはそれが何とも悲しく。
今の心境の彼には浴びせたくないワードなわけです。


1人目育児中で我が子が1番な妹にはまだわからないんだろうなぁ。

育児から遠のき、父の病態で不安定かつ女の子しか育てたことない更年期の母にも耐え難いのだろうなぁ。


それも理解してあげなくてはいけないのですが、私が一番理解すべきはSageなのです。



我が家の育児方針は、上の子優先。
どうしても我慢を強いられる上を理解してあげること。だからSageは本当によく怒られました。私は下に甘い、とパパに怒られることが多かったけれど、パパはいつでもCoの味方でした。

今までは2人だったからそれでよかった、でもこれからは??

3人目が産まれるとSageは上の立場になるのです。


今まで一番小さかったから注目されていたSage、彼の性格的にもひょうきんなので注目されたい、自身の存在をアピールしている、ただそれだけなのです。

悪いとわかっていながらやってしまう、思い通りにならなくて癇癪をおこしてしまう、これらの行動に対する親の(周囲)の対応に興味を持っているのだと私は思っています。


だから私は彼の意思を否定ではなく肯定してあげる必要がある。


いきなり現れて何をやっても可愛いと注目される甥っ子の存在、

まだ産まれてないけれど薄々感じている弟の存在、

まだ3歳のSageにとってはとてつもなく大きい環境の変化であることには違いありません。

自分の存在を無下にされるのではないかという不安を払拭すべく、こちらが騒がず、叱らず、受け止めてあげたいと思います。


前回の赤ちゃん返りを経て、私もここまで余裕が持てるようになりました。


やはり育児は育自、経験値ですね、そう思います。



出産時の入院中、残されるCoとSageへの母の対応が少々心配…

否定的な
『お兄ちゃんでしょ!』は絶対に言ってほしくないけれど言うのだろうなぁ。
私は『お姉ちゃんのくせに』を浴びるようにして育ちました。だから歪んだんだと思います。苦笑

肯定的な『さすがお兄ちゃん!』を使ってほしいものです。


そういう育児論がわかっているパパが、タイミングよく来られるといいのになぁ。





Coはすっかりお兄ちゃん、今日もSageと甥っ子を車に乗せて縄跳びで家の周りをグルグル引っ張っていました。

Coがいい子な分、Sageが傍若無人っぽく扱われてしまうのですが…

c0269855_23480597.jpg







今日は前駆陣痛なくゆっくり寝られますように!!!








[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-21 22:11 | 育児

アスパラの豚バラ巻き弁当

c0269855_113282.jpg


●アスパラの豚バラ巻き
●おから餅
●ネギ入り卵焼き
●スイートポテト
●お花ハム
●ミニトマト
●デラウェア







昨日火曜日はお弁当の日、本来なら園外保育でお弁当を持ってお外へ行くそうだけど雨だったのできっとお部屋で食べたのでしょうね。

お外遊び(園庭ではなく園外)の多い幼稚園、シティボーイの彼らにとってとてもいい刺激になっています。


そして昨日はプール開き、水着は持って行ったものの結局雨で順延になり水着に着替えてスイカ割りだけしたそうです。

年長さんは目隠しをして、年少さんは目隠し無しで、絶対割りたかったのに当たらなかったよ〜ととても嬉しそうにCoが話してくれました。

そして年長さんはゴミ袋でカッパを制作し、雨の降る園庭へ裸足で繰り出して遊んだそうです。

そんな遊び、東京で通っている幼稚園では絶対やってくれません。
泥遊びが始まったとはいえ、園庭でちょこちょこっと穴を掘ったり水をかけたりする程度。
それで体操服の泥汚れが落ちないとクレームを出す親。

子どものやりたいことをやりたいままに、成長途中の体の機能を最大に使って活かして五感をフル稼働させて遊べる田舎の幼稚園は私的にとても気に入っています。
子育ては、こうでなくてはね。






先週末、父がICUから出ることができました。

ただ、お腹の傷の状態がよくないので腹圧をかけることができずベッド上での絶対安静、まだまだ炎症反応も高く血液状態はよくありません。

それに付け加えてICU症候群、せん妄がありおかしなことを口走ります。

「窓のところにイタチがおる、こっちこーい」と口笛で呼んだり

部屋から病院のヘリポートが見えるのですが
「そこの茂みに自衛隊の服を着た人が鉄砲持って隠れちょう」と言ったり

「昨日は点滴袋の中に恐竜のおもちゃが入っちょった。Coが好きやけん取っちゃりたかった(取ってあげたかった)けど看護師さんがどっか持っていったろうか」

夜間不穏があるようで酸素や点滴の管、その他無数に体から出ている管を抜かないよう看護師から泊まってくれると助かりますと言われた母は毎晩付き添っていたけれど、昨日あたりから父の言動も治まってきたようでせん妄が見られなくなりました。


血液検査データを見たわけではないので実際どこまでよくなっているのかどうか判断し難いけれど、父を見ている限りでは「死」は少し遠のいたのかなぁと思っています。

とはいえ、私が里帰りでこちらにいる間に退院できるのかどうか・・・出産は同じ病院なのでそれまでに歩けるようにでもなれば新生児を見に来られるのになぁと。


心配してくださった皆様、励ましのメールありがとうございました。





毎日父のお見舞いに病院に通ってはいますが、こちらの保育時間が長いのでまったりしたマタニティライフを過ごしています。
いかんせん、雨が多く散歩はできていませんが・・・汗




今年の梅仕事、パパがいなくきっと私しか飲まないので少量で。
そして初めての甜菜糖で梅シロップ。
c0269855_11201056.jpg




母子手帳ケース
c0269855_11445026.jpg


Sageが産まれる前に縫おうと生地だけ裁断して4年ほど温めていたもの。笑
なぜこの生地にしたのか4年前の私に問いたいほど、今の私の好みでなく・・・
人の好みは変わるものですね。。。

3人分の母子手帳が一気に収納できるように開きは広く、カード収納も多めめのパターンです。
ジッパー部分に何を入れるのか個人的にハテナですが・・・
c0269855_11481445.jpg


Coの時に買ったものが全ジッパーで開くもの、これが子どもだっこで荷物も持っていて片手が塞がっていると片手だけで開けることができず難儀していました。
なので片手で簡単に開けることができ母子手帳を出すことができるボタンタイプのものに。
あ、まだボタンをつけていませんが。笑

パターン自体は難しいものではなかったので気が向いたらまた作りたいと思います。
やっぱりこの生地合わせ好きじゃないわ。。。





妹リクエストでイカめしを炊いたり
c0269855_11512922.jpg





道の駅で魚の安さに驚愕したり
c0269855_11521036.jpg





農家にだけは嫁ぎたくないと豪語していたい草農家で育った友人、誰よりも先に桃農家に嫁いではや10年弱・・・毎年素敵な贈り物をありがとう!!
c0269855_11524966.jpg






私がのんびり生活しているので赤ちゃんんものんびりしているのか先週の検診ではまだまだ、と言われました。

子宮口も1.5cmだと。


あれから前駆陣痛もありません。笑


明日の検診、どうだろうなー。



皆様の応援クリックがはげみになってます!
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村









[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-17 12:00 | お弁当

前駆陣痛 & 容態

ICUにて治療中の父、熱も高く心拍も頻脈、あまりいい経過をたどっているとは言い難い毎日が続いていました。

ただ、尿が出ていることが救いでした。

しかし先生からの説明はよくなく、家族に連絡しておいたほうがいいと。

急遽京都に嫁いだ妹が帰省し、私もパパに喪服を用意しておくよう言ったり。

声をかけても薄っすら目を開けるもののすぐ閉じる父、聞こえているのかどうなのか…
そんな父に声をかけ続ける母を隣で見るほうが正直辛い日々でした。

私自身は意外にも冷静に父を見ることができていたけれど、それは母がいるから私だけでもキチンとしてないと!という気の張りだろう、とパパに言われてしまいましたが。


人工呼吸器があるからかろうじて生かされている、そんな状況が続いた5日目。

昨日11時の面会にICUに入ると、父が目を開けていました。

わかる?と声をかけると小さく頷き、母の手も握り返す父。
何か喋ろうといているけれど人工呼吸器が入っているので話はできず、
『また明日来るねー』と言うと首を横に降ったり(こなくていいと言っているらしい)と意思疎通ができるようになっていました。

看護師にも人工呼吸器を外す準備をしています〜と言われ数値的なことはわからないけれど少しずつ回復しているのかなぁという印象です。






母が泊まって付き添った日に作ってきてあげたお弁当
c0269855_10370627.jpg



月曜日、近隣幼稚園との交流会があったので年長さんのCoだけお弁当
c0269855_10391547.jpg




火曜日はお弁当の日
c0269855_10402172.jpg








一昨日の夜0時頃、3人目にして初めて前駆陣痛がありました。

これまで体験したことがなかったので本陣痛かと勘違いしてしまうほど。

陣痛アプリで計測すると10分感覚で1分ほどの収縮と腰への鈍痛。
経産婦であること、実家から病院まで車で1時間かかることを考慮すると15分間隔になったら来てくださいねと助産師には言われていました。


でも我慢できない痛みではなかったし、間隔も7分になったり12分になったりと不規則だったので前駆陣痛だろうと判断しそれから4時間眠ることができず1人悶え過ごしました。


翌日である昨日は超寝不足、これが毎晩続いたらどうしよう…という不安の中20時に就寝。

前駆陣痛が来なかったのか、眠りが深すぎて気づかなかったのかはわからないけれど昨夜はグッスリ眠ることができました。


何度妊娠を経験しても一つとして同じものはない

出産もまた然り


不思議だなぁ


神秘だなぁ




そして今日は36w臨月の妊婦健診、楽しみです。









[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-11 08:34 | お弁当

一週間

2人がこちらの幼稚園に通いだして今日で一週間、親(特にじじばば)の心配をよそに2人ともとっても馴染み楽しんでいる様子です。


嫌だなぁ、と言っていた裸足生活でさえ
『石を蹴散らしてるよ!!』
と鼻息荒く話してくれます。(お外遊びももちろん裸足)


Sageは昼食後にお昼寝があるので皆と一緒に寝れるのかなぁ?なんて思っていたけれど心配無用の様子。


Coは年長女子にモテモテのようですっかり方言も話せるようになりました。

月曜日に年長さんだけで市内の施設をまわった花の日で新聞にも載り、とても自慢気です。
c0269855_21583310.jpg


改めて子供の順応性の高さに驚かされています。



そんな彼らがいない日中、東京の自宅と違って家事をする必要もないので本当にゆるーい時間が流れています。

散歩に行ったり、本を読んだり、海外ドラマを見たり。

ミシンだってできています。
c0269855_22043993.jpg





そんな中、自宅療養中の父の高熱が続き先週日曜日には母が仕事でいなかったので休日診療へと連れて行きました。

専門の先生ではなかったので、その日は解熱剤を出されただけで帰されることに。

もちろん、解熱剤を飲んでは下がる…薬がきれるとまた上がる、の繰り返しで何の解決策にもなっていません。

火曜日、やっぱり朝から熱があるので連れて行こうとすると大丈夫だからと本人の拒否あり。
本人がそういうなら、と木曜の受診まで様子を見ることにしました。
しかし昼過ぎ、39.7度も熱があるのでやはりおかしい、と連れて行きました。

血液検査の結果、白血球が通常の半分しかないので点滴治療が必要であるという所見。
毎日点滴に通うのであれば今からする点滴が終わったら帰ってもいいよ、と言われたけれど、母はこの日夜勤、私も子供たちの迎えに行かなければならず点滴終了を待てません。

病院まで車で一時間かかることもあり、父の病状的にも入院させてくださいと母が先生にお願いしそのまま入院することになりました。もちろん父は帰りたがっていましたが。


水曜日、夜勤明けの母の帰りを待って母を連れて病院に行くと相変わらず熱は高いようで横になっていました。
それでも、○○が食べたいや○○持ってきてと自己主張もあり。


木曜日、休みの母と一緒に病院へ。
相変わらず熱はあったけれど病院食が美味しくないだの○○さんが入院してきて会ったよ、など話していました。
うちの裏の川へ孫と海老をとりに行くから早く退院できるよう先生に頼もう、とも。


金曜日、雨なので私は引きこもってミシンをすることにし、病院へは母1人で出かけていきました。

お昼過ぎ、母から着信あり。

父の容態がよくないとのこと。

昨日お見舞いに行った時は普通だったのに、昨夜より急に尿が出なくなり血圧も低く発熱もあり。腹部の張りもありSPO2も80%しかないためいき介助なしでは歩けないほどに。

腹部エコーをとると腹膜炎をおこしているので今から緊急手術をする、と。


母が車で行っているので子供たちを迎えに行けず、仕事中の私の叔母に電話して子供たちを迎えに行き病院まで連れて行ってもらいました。

病院に着くとオペ中とのこと。
しばらく待合室で待ったけれど、昨年と同じオペなのでたぶん8時間ほどかかるから子供たちもいるし帰りなさいと母に言われ、今日は泊まるという母を残し帰宅しました。

帰宅すると意外にもオペが早く終わったと母から連絡がありました。


結果、大腸に穴があいていたとのこと。
その穴から便が腹腔内に漏れ感染症をおこしている、敗血症だと告げられました。

腹腔内を洗浄し、穴部分の大腸を切除し繋ぎたかったけれど炎症が酷く繋げなかったので大腸を塞ぎ、人工肛門を増設したとのこと。
もうすでに小腸の人工肛門がある父、これが外れる日を夢見ていました。それが今は2個。目が覚めると相当なショックを受けることでしょう。でも命には変えられない、仕方がなかったのです。

しばらくICUにて経過観察、敗血症という診断名だけが引っかかるけれど本人の気力を信じるほかありません。

内臓疾患の合併症としてよくある敗血症、私も一医療従事者だったので専門でなくともどういうものかわかっているつもりです。

私が勤めていた病院では、いい予後はありませんでした。

だから敗血症だけは避けたかった。


大腸がんステージ4を宣告されて一時は覚悟した父の死、でもその後わかった私のお腹の中にある新しい命。

来週からはついに臨月です。
昨日急にお腹が下がったのか、食欲が戻ってきました。胎動を感じる位置も確実に下っ腹。肋を蹴られて痛い、と感じなくもなりました。新しい命の誕生も刻一刻と迫っているのです。


父にとっては4人目になる孫、男だとわかってガッカリしていたけれど赤ちゃんの誕生は楽しみなようで私の体を気遣ってくれています。


産まれるまでは頑張ってもらいたい、それだけです。


まだよくわかっていないSage、でもCoは感ずいていて
『まぁ坊(父の愛称)、お腹切って痛いけどがんばってるんだよね!!』と。


お守りを作ろうか、とネットで調べ折り紙で作りました。
2人からのメッセージを中に入れて。

明日持って行ってあげよう、喜ぶといいね。
c0269855_22533484.jpg











[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-05 21:48 | 家族

肉団子弁当

c0269855_13481608.jpg

⚫︎俵おにぎり
⚫︎肉団子
⚫︎卵焼き
⚫︎ブロッコリーとさつまいものガーリックバター蒸し
⚫︎オクラの胡麻和え
⚫︎ミニトマト
⚫︎いちご





火曜日のみお弁当持参の幼稚園です。

課外保育に出ることが多いそうで、火曜日は園指定の斜めがけバッグではなくリュック&体操服登園、虫捕りに出かけるので私服の長ズボン持参と言われました。

そういうことは東京から電話で一時預かりの打診をした時に必要持ち物として教えてほしかったのですが、電話した際は一時預かりだから何でもいいですよ、とそれだけで。

この情報も去年まで友人の子供が通っていたので、その友人に慌ててラインで聞いたもの。
夏なので長ズボンは持って帰ってないしリュックもCoはサイズアウトして以来まだ買っておらず…昨日慌ててネットで買ったけれどこの最果ての地に翌日届くわけもなく。
今朝は私の大きなリュックで登園しました。

なんでもいいよ、は時に情報社会で生活している私を苦しめます。笑

Sageの年少クラスはお昼寝もあり、お布団を持って行かなければならずそれも慌てて購入しました。

実際本当に何でもいいのだろうけども、自分だけ他の子と違う…という不安感がもうCoにはあるのでできるだけ皆と揃えてあげたい母心なのです。

こちらの幼稚園に来て、私は申込書的な用紙に一文字も記入していません。

住所も漠然と地区名を口頭で伝えたのみ、電話番号すら伝えておらず、子供の名前も名字は漢字を聞いてきたけど名前は
『とりあえず平仮名で書いちょくね!』
と。

保育料も今年から認定こども園になったのでまだ決まってないから、そのうちお伝えしまーす、と。


自由だなぁ。笑




そんな不安な1日目、16時半にバス停へ迎えに行くとCoは爆睡、泣きながら降車しました。
お昼寝をしてきたSageはケロっとした顔で楽しかったー!とご機嫌。


おうちに帰って園の様子をCoに聞くと、名前は忘れちゃったけどお友達ができたと。
そして相撲クラブに入ったのだと教えてくれました。

年長さんがお花を持って施設訪問をした話もニコニコで。

Coから聞く前に、Facebookで
『来てくれちょったよー』
と土佐清水市長じきじきに写メが送られてきたので何となくは知ってはいたのですが。


何はともあれ、楽しく過ごせたようで安心しました。








[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-02 13:47 | お弁当

初登園

6月に突入、もうすぐ梅雨入りですね。


今日から我が子たちは、地元の幼稚園に通います。

東京の園とは違い保育時間が長い田舎クオリティ、8時5分発の16時25分着の園バスで登園します。


制服も一式一通りお借りし、いざ登園。


今日は行事として、年長さんは各家庭から花を持って行きそれを市内の6施設に配りにいく『花の日』。

Coと朝取りに行こうと思って起床したら、すでに庭の花が用意されていたのでそのまま持って行かせました。笑



いってきまーす
c0269855_16051584.jpg


東京にいる時から、
『行くの嫌だなぁ…』
とネガティブだったCoに対し

『えー?うしゃぎ(うさぎ)ぐみじゃないのー??』
とわけわかってない様子のSage。


もう色々わかる年長さんなだけに新天地への不安はあるようだけど、子供だからすぐ順応する、そう思っています。

1人ではなく兄弟、というところも多少は心強いでしょう。


どんな顔して帰ってくるのか楽しみです。








[PR]
by yorimai0529 | 2015-06-01 15:56 | 家族


人で溢れる食卓を目指して。 安心、安全な生活の記録。


by yorimai0529

最新の記事

閉店
at 2016-03-27 21:03
オモチャの断捨離
at 2016-03-23 17:11
fam trip
at 2016-03-20 23:05
ドッヂボール大会
at 2016-03-16 20:22
卒園式
at 2016-03-13 16:47

画像一覧

ブログジャンル

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン