田舎の盆

私の地元はわずか人口1万5000人、市内に一つだけある高校を卒業すると大抵外へ出ていきます。


就職する人、進学する人


卒業と同時に帰って来て地元に就職する人は稀で、ほとんどが都会へと出ていくのです。


まだ働いていない主婦ゆえ、夏休みは毎年ガッツリ帰省させてもらっているけれど、帰ってきたところで遊ぶお友達がいないという現実。

数人市内に残っている友人は平日は働いているし。


ところがお盆休みに入ると一気に帰省してくるので田舎の人口密度はあがります。


私の友達たちも続々と帰省中!





先日は本当に身近な地元の友人3人+こども3人で夕飯を食べに行ってきました。

共に部活で汗を流した旧友、話はつきません。





翌日は岡山から帰省中の幼馴染みに招かれ、BBQパーティー。

保育園、小学校、中学校とクラス替えがないため濃い幼少時代を共に過ごした仲間が集まり、昔話に花が咲きました。

先生の話、

部活の話、

悪いことをした話、

台風の日にキャンプした話…


友達との距離が短い、というのはこういうことを言うのでしょう。

もちろん友人の親だって顔見知りというレベルではなく友達同然。

私たちは本当に仲良しの学年でした。

大事にしたいなぁ。





そして今日は高校の友人と集まりました。

本当は川遊びをする予定だったけれど天候悪く断念、ランチをして公園へ。


かけっこで盛り上がる子供たち
c0269855_2238762.jpg



1人が登れば続いて登る
c0269855_2238152.jpg




同世代の子供がいるって、ありがたい。


子供同士でケンカしながらも遊んでくれるので、親は腰掛けまったり昔話。


高校を卒業して12年、


お互い子供ができ違う地でそれぞれ生活しているけれど、彼女たちと集まると一瞬であの頃に戻れます。






夜は地元の盆踊り。


踊るとアイスが貰えるよ、の一言で、踊りがわからないよ〜と言いながらも輪に入っていったCo。
c0269855_22381627.jpg



小さい時から知っているおじちゃんおばちゃん達に久々の挨拶をしながらここでも昔話。

かき氷屋のおじさんに
『おんちゃんサービスして。もっと盛ってや!』

アイス屋のおじさんに2個のところ3個乗せてもらったSage、上手にたべれないのでもちろん3個ともボトッ。

空のコーンをもう一度持っていき
『落ちたけん、もう一個ちょうだい』
というと乗せてくれたり。

近所のおじさん達とも仲良しなので言えるこんな関係、東京にはありません。


我が子たちは私の友達にめいいっぱい遊んでもらいとても楽しそうでした。

田舎は本当に温かい。



これから先、今の土地に住みつかない(賃貸だし)我が子たちに、私のような濃い友達ができるのかな。


できるといいなぁ。



友達、人との繋がりを大切にしてもらいたいです。











[PR]
by yorimai0529 | 2014-08-15 21:54


人で溢れる食卓を目指して。 安心、安全な生活の記録。


by yorimai0529

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

閉店
at 2016-03-27 21:03
オモチャの断捨離
at 2016-03-23 17:11
fam trip
at 2016-03-20 23:05
ドッヂボール大会
at 2016-03-16 20:22
卒園式
at 2016-03-13 16:47

画像一覧

ブログジャンル

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン